令和2年度「法政大学校友会鹿児島県校友会」の総会は「書面議決」と致しました。

法政大学から初の総理大臣「管義偉」さんが誕生しました。

素直に喜びたいと思います。

さて、コロナ禍の中、集合しての「鹿児島県校友会の総会」が開催できない

状態でした。役員で協議の上今回は、約180名鹿児島在住の法政大学校友に

「書面議決」を図ることにしました。

2020/9/17日に郵送にて、「活動報告」&「書面議決」のカラー活動報告

と回答ハガキを校友会事務局が把握している住所へお届けします。

お読み頂き、回答ハガキは9月25日までに投函下さい。

「書面議決」項目は3項目(1Pにあります)

校友の皆様、よろしくお願いいたします。

添付PDF 活動内容&書面議決

法政鹿児島県校友会「書面議決と活動内容」迫

法政大学校友会事務局 迫 佐多

コロナ禍でもありますし、令和2年度の校友会会費2,000円は

徴収しないとなりました。

カテゴリー: ブログ | コメントする

悲報 顧問(元幹事長)宮司健志先輩が逝去されました

 鹿児島県校友会顧問(元幹事長)宮司健志さん(86歳)が、8月29日(土曜日)に逝去されました。謹んでお悔やみ申し上げます。

 告別式は、8月30日(日曜日)に平安祭典鹿児島南会館で執り行われました。

2019(令和元年)5月18日(土)鹿児島県校友会の総会

挨拶をされる先輩

懇談される先輩

 

 

2011(平成23年)3月26日、  第19回全国卒業生の集い鹿児島大会準備室開設の日

2011(平成23年)10月22日、第19回全国卒業生の集い鹿児島大会(城山観光ホテル)

カテゴリー: ブログ | コメントする

2020年度入試結果について

 2020年度の一般入試志願者数は、103,628人でした。大学別実志願者数は、52,276人で、2年連続で全国1位となっています。(雑誌法政2020.8・9月号)

カテゴリー: ブログ | コメントする

2019年度卒業生の進路状況について

 2019年度の就職希望者決定率(就職希望者に占める就職決定者の割合)は、98.4%と同規模他私大と比べても高い水準になったようです。(雑誌法政2020.8・9月号)

カテゴリー: ブログ | コメントする

第19回オール法政ゴルフ大会“総長杯”開催見合わせ(中止)のお知らせ

 第19回オール法政ゴルフ大会“総長杯’’」は、今日のコロナ禍の中、感染症拡大防止の観点から、 「三つの密」状態を避けようとすると、200名近くの校友が参加して一目貸し切りでの開催は非常に難しく、残念ながら見合わせ(中止)せざるを得ないとの結論に至りましたとのお知らせがありました。

カテゴリー: ブログ | コメントする

第28回法政大学全国卒業生の集い「栃木大会」開催延期のお知らせ

 今年10月に予定されていた第28回法政大学全国卒業生の集い「栃木大会」は、令和3年に延期されることになりました。

カテゴリー: ブログ | コメントする

九州ブロック会議の延期

 令和2年度「第19回九州北ブロック・南ブロック会議」は、8月に沖縄県で開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で来年に延期になりました。

カテゴリー: ブログ | コメントする

役員会議(令和2年6月20日(土))

 新型コロナウイルス感染症の影響で暫く開催できなかった役員会が、令和2年6月20日(土)13:30~鹿児島市国際交流センターで開催されました。役員の近況報告、役員改選、令和2年度の総会開催等について話し合いました。

 令和2年度の総会は、9月12日(土)13:30~鹿児島市国際交流センターで開催することに決まりました。総会後の懇親会は実施しません。

 参加者は、荒武連会長、松山光子副会長、中村正文幹事長、迫真一事務局長、佐多眞二次長、川越保光監査、梶原隆則幹事、城村稔幹事、田中寛之幹事、東理香幹事の10名でした。

カテゴリー: ブログ | コメントする

正月の箱根駅伝をMBCラジオを聞いた聴取者から届いた感想文

 校友会幹事のMBCアナウンサー岡田祐介さん(H11文学部卒)から届いた、正月の箱根駅伝をMBCラジオで聞いた聴取者からの感想文を転載します。

カテゴリー: ブログ | コメントする

実志願者数が2年連続1位です

 2020年度入試で、法政大学の実志願指数が2年連続の1位になりました。

 のべ志願者数は、例えば1人の受験生が同じ大学の各部・学科を三つ併願した場合、志願者数を3人と数えます。実志願者数は、1人の受験生が同じ大学内でいくつ併願しても1人と数えます。実志願者数を見ると本当に勢いのある大学が分かります。我が法政大学は、近年進められている大学改革への受験生の評価が高まっている成果ではないでしょうか。

カテゴリー: ブログ | コメントする