南日本新聞「かお」のコーナーに、校友の高島屋開発社長「犬伏和章」(昭和62年法)が紹介されました。

鹿児島市の天文館のど真ん中で、2022/4/9日にグランドオープンした

「センテラス天文館」

の仕掛け人である、法政校友の「犬伏」さんが南日本新聞に紹介されました。

タカプラの名前で親しまれた、タカプラの跡をその周辺とともに再開発して出来た

センテラス天文館が新たな、天文館のランドマークとなります。

鹿児島商工会議所の副会頭としても活躍されています。

鹿児島の経営者の代表として、校友の若手にもいい影響があるでしょう。

カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です